二重整形手術でぱっちりな目に!【埋没法と切開法】

サイトメニュー

二重にする方法

女性の目元

整形で二重をゲットする

まぶたに二重の線があるかないかによって目の印象は大きく変わってくるでしょう。目を大きく見せたいのならば二重整形が有効です。まぶたに線を付けることによって目を大きく見せることが出来るのです。どの位置に線を付けるかによっても印象が変わってきますので、美容整形を受けるときには仕上がりを考えながらライン決めを行うべきです。最近ではメイクで二重にするアイテムも主流になってきていますが、メイクを落とすと当然線も取れてしまいます。専用のテープやノリを使用してまぶたに線を付けるのですが、すっぴんの状態でも二重を維持したいのならば二重整形が向いています。プチ整形と呼ばれる施術もありますので、まぶたを切開したくない人でも簡単に二重を作ることが出来るのです。二重になるとメイクの幅も広がります。また、自分に自信が持てるようになりますので、外見だけではなく内面にも変化が現れるといったメリットもあります。二重整形を行う時には美容外科で行うのが一般的です。出来れば二重整形の評判の良いクリニックを選びましょう。メスを使用して切開するかしないかによっても料金設定や術後の経過が変わってきます。最初にカウンセリングを受けてみて、自分にはどの手法が適切なのかを医師に判断してもらうことも大切かもしれません。二重整形を行うにしても出来るだけ安く仕上げたいと考えている人も珍しくありません。二重整形に関しては大きく分けて二つのパターンがあります。簡単に言うと、まぶたを切開するのかしないかの差です。まぶたを切開しない埋没法や特殊な糸を使用してまぶたを留めることによってライン付けをすることができます。切開しないので術後の回復も早く料金もリーズナブルという特徴があります。ただし、まぶたの状態によっては埋没法でライン付けすることができないケースもありますから注意が必要です。また、糸が取れてしまうと元の状態に戻る可能性が高いですから、期間内に糸が取れてしまった場合に無償でメンテナンスしてくれるクリニックですと安心です。キャンペーンなどを利用すれば一点留めで片目数千円と破格の値段でうけることが出来る場合もありますが、相場としては両目で5万円から10万円でしょう。確実に二重のラインを付けたいのならば切開法がおすすめです。埋没法に比べて料金は高く、15万円から25万円程度が相場とされていますが、切開してラインを作ることで半永久的に持続するメリットがありますし、まぶたの厚いタイプの方でも確実に二重にすることが出来る利点があります。